吃音に効果があるといわれている薬は、以下のようなものです。 ・レキソタン ・デプロメール ・パキシル ・セディール これらの薬は病院に行くと処方されます。 レキソタンは、不安・緊張を軽減させ、どもりづらくする薬です。 うつ病やパニック障害などにも処方されることが多いでしょう。 副作用として、眠気、脱力感、頭痛といった症状が現われる場合があります。 デプロメールは、神経の伝達を改善させて気持ちをリラックスさせる薬で、うつ病の治療薬としても使用されていますが、吐き気、食欲不振、頭痛などの副作用が起きることもあるようです。 パキシルは、不安・緊張を抑制する薬で、うつ病や強迫観念の治療にも使用されています。 起こり得る副作用は、食欲不振、吐き気、便秘、頭痛などです。 セディールは、不安・緊張を和らげる薬で、即効性はありませんが、副作用のリスクが少ないと言われています。 ただ、これらの薬を服用したからといって、必ず吃音が改善できる訳ではなく、効果には個人差があるでしょう。